おくる心


いつもは元気いっぱいの5年生の男の子、

なぜか今日は元気がありません。

発表会の曲が難しすぎるのかな?

ちょっと荷が重いのかなと心配になり

お母さまに電話してみました。

すると、

彼が生まれる前からおうちで飼っていたワンちゃんが

先日亡くなったとのこと。

レッスンの前日に

そのワンちゃんは火葬に出されていったのですが

おうちを出て行くその時に

彼は「まだ完成してなくて間違ってばかりだけど、これを弾くね」と、

発表会の曲「白鳥」を弾いたそうです。

涙があふれてしまった。

彼は10歳、わんちゃんは15歳。

お母さまは

心にぽっかり大きな穴が開いてしまいました、と。

大切な家族との悲しいお別れです。

でもその悲しい気持ちとワンちゃんへの思いを

ピアノに託してくれたことは、

本当にうれしいことでした。

いつもホームページで、

そしてここでお伝えしていること、

ピアノは私の心、私の言葉。

自分への想いをピアノに託して伝えた彼の演奏を

ワンちゃんの魂はきっとしっかり聴いてくれたでしょう。

ワンちゃん、

どうかこれからも

天国から彼の練習を見守ってあげてね。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

​瀬藤麻也乃ピアノ教室

​ピアノピアノテ

Tel: 0743-52-4368