たとえば花の…


モニーク・ガビュの「花の女神」という曲は

4分の3拍子と4分の2拍子が交互に出てくる

変拍子の小曲です。

こういう曲は習い始め頃に弾くと

1拍子になってしまいがち。

1,2,3、1、2、…本

人はそう数えて弾いていても

聞こえるのは拍子感のない、変な曲に?…。

5拍子はなんだか落ち着きの悪い

不安定な感覚です。

でも自然界には

この不安定さが満ち溢れていると思いませんか?

たとえば花の散るときの

花びらのこぼれかた。

あ…と思わず目をとめてしまう

予測できない不安定な、繊細な動き。

私たちの会話、

唇からこぼれ落ちる言葉も、

安定したリズム感なんてありません。

5や7といった拍子は、

自然界のすがたをそのまま表現した感覚でしょうか。

この曲はそんな

花びらがこぼれ落ちる瞬間を見つめているような

かすかな緊張感、せつなさを表現して弾きたいですね。

不安定さの中にある

いのちの息づかい。

存在するすべてのものが奏でている音楽に

しずかに耳を傾けてみましょう。

特集記事
最新記事