ある日のレッスンから~音のイメージを育てましょう~


みなさんはレッスンの時に、先生から「とてもいい音!」と言われたことが何度もあるでしょう?

習い始めで、まだ楽譜を間違わないように弾くのが精いっぱい…

今週はあんまり練習していなくて、ちっともスラスラ弾けない…

そんな余裕のない演奏でも、

「ああ、しっかり入ってるね!」「ここはとてもいい音だったわよ!」と

言われたことがあるはずです。

そんな時のみなさんの顔はキョトーン…。

「え?そうなの…?」「この音って…どんな音で弾いたっけ?」

「いっぱい間違えたのに…先生は私を励まそうと思ってるのかなあ…」

そう、いつもレッスンでは、ミスにばかり気を取られず、もっと大事なことに気づけるように、

自分の演奏のいいところに気づけるように、みなさんを励ましていますよ。

でもいい音じゃないものを「いいね!」とは決して言いません。

「いい音」って、どんな音でしょう?

誰でも習い始めの頃は、それをまだ知らないのです。 

ド、レ、ミ、と音の高さの違いはわかっても、音の響きの違いはよくわかりません。

それは自分の耳が「美しい音」とはどんな音かををまだ知らないので、聴き分けられないのです。

耳がまだ育っていないということですね。

「音色」というように、音にはいろんな色合いがあります。

目には見えないけれど、耳に、心に感じる色です。

音色や響きは言葉のように、人の心に何かを伝える力があります。

そして実際の言葉で表現できないことを伝えるのが音楽です。

先生はみなさんに、そんないろんな音の色をいろんな表現で教えています。

「ベルベットのように艶のある深い音」「パリッとしたハリのある音」

「遠くから聞こえてくるような音」「ピアニシモだけどちゃんと芯のある音」

温かい広がりのある音」「花びらのように軽い音」…

「バイオリンのようにグーンとひと弓で…」「フルートのようになめらかに…」

 先生の伝え方はむずかしいかもしれませんね。

でも、音をよく聴いて、色や、耳に感じる感触を、いろんなイメージに置き換えることは、

とても大切なことなのです。

絵を見たり、他の楽器の演奏を聴いたり、本を読んだりすること…

毎日の生活の中の色々な心の動きや感動は、

みなさんの演奏をとても豊かで生き生きしたものにしてくれます。

楽譜に書いてある音符を、ただ間違えずに弾くだけでは、

朗読なら棒読み、絵なら白黒の絵です。

楽譜は白黒ですが、ピアノで弾いた時に

私たちの生きている世界のような、色とりどりの音楽になるように

作曲家は心を込めて書いています。

もちろん最初からそれが表現できなくてもかまいません。

表情のある音がなかなか作れなくても、一生懸命イメージして、

こんな感じで弾いたら出せるかな?と、タッチ(鍵盤の触れ方)や自分の音に集中すること、

探ることが一番最初の練習です。

正しい手や指のフォーム、フレーズや和音の感じ方、そんな基礎をしっかり固めていけば、

どんどん表現力がついてきます。

だからすぐにわからなくても、作れなくても、

ここはそんな風に弾くんだということを「知る」ことからまずスタートしましょう。

ピアノを弾くことは、心の世界を表現することです。

「エリーゼのためにはもうやった!」

「バッハのメヌエットはもう弾いた!」…

曲をもらっては次々と、ゲームのようにクリアしていくことではありません。

その曲を「どう弾いたのか」が一番大事なことなのです。

今練習している小さな曲も、心の世界を表せたら、世界一の名曲になりますよ。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

​瀬藤麻也乃ピアノ教室

​ピアノピアノテ

Tel: 0743-52-4368