February 2, 2019

新しい年の最初の月ももう終わり、

いよいよ発表会が目の前に近づいてきました。

去年の夏にレッスンを始めて、

手首ふわんや左右3つ~5つの音と位置を覚えたばかりの

小さいみなさん、

新しいテクニックでワンステップアップしたみなさん…

全員がしっかり練習の成果が出せるようにと願っています!

今年は(今年から?)お母様方にもソロ演奏を楽しんでいただくプログラムを作りました。

みなさん本当にお上手!毎回ミニレッスンをさせていただくのがとても楽しみでした。

そのミニレッスンの中で、何人かのお母様がおっしゃったことは、

(理想の音を出すための)ちから加減が難しいで...

June 23, 2018

今教室の小さな生徒さんたちが取り組んでいる

美しい音作り・手首ふわんプロジェクト。

最近のみなさんのおけいこの状況はというと…

すばらしい!

ほぼ全員がしっかり意識しながら弾けるようになってくれています!

手首や指のフォーム、自分の音をしっかり聴く…

どれも本当によくできています♪

今日はピアノを習い始めたみなさん、

これから習おうと思ってくださっているみなさんに、

ぜひ知ってほしいことをお伝えしましょう。

それが「ピアノを弾くための大切な3つの柱」です。

1番目の柱、

それは「表現力」です。

私たちがピアノを弾きたいと思うのは、

ピアノの音色を通して自分の心...

May 8, 2018

みなさん、ゴールデンウィークは楽しく過ごされましたか?

私は友人たちと食事に行った以外はひたすら書いて弾いて…

かなり充実していました(笑)

「今月の作曲家」はワーグナー。ワーグナーの紹介は、

オペラの説明抜きにすることはできないし、

彼の生涯はいろいろ複雑なので困りました。あんまりいい人じゃないし💦

ところで私がワーグナーに会ったのは大学生の時です。

え??会ったの!?

はい、以前も紹介したヴィスコンティの映画

「ルードヴィヒ 神々の黄昏」という映画の中で

トレヴァー・ハワード演じるワーグナーは、

もう間違いなくこんな人物だったに違いない!と確信でき...

April 20, 2018

4月になりましたね!

教室のみなさんも、新しい桜の道を通い始めたり

すずらん組さん、ほし組さん…新しい名前のクラスに進級したり、

うれしい毎日でしょう。

ピアノレッスンも、発表会や進級をきっかけに

練習の意欲がアップして、どんどん進み始めた人が増えています。

先生としてはとってもうれしいことです^^。

さて、その練習ですが、

みなさんは練習にどれくらいの時間を費やしていますか?

片手ずつで○○ページまで。

両手で最後まで止まらずに引けるまで…

もちろん、このやり方でもうまくいっているならかまいません。

でも学年が上がって学校や塾の帰りが少し遅くなったり、

曲...

March 28, 2018

3月も終わりに近づきました。

6年生のみなさん、小学校卒業、おめでとうございます。

思い出いっぱいの小学校時代を終えて、新しい出発も間近ですね。

そして発表会でがんばったみなさんは、お疲れさまでした。

独奏、テーマ演奏、連弾、それに作曲と、たくさんの演奏でしたが

練習も一生懸命取り組んでくれました。

本番の演奏には、ひとりひとりいろんな気づきがあったことと思います。

今年の発表会は門下で初めての出演になった人がとても多く、 

みなさんの初ステージがどうなるかと先生もドキドキでしたが、

全員立派に弾いてくれてとてもうれしく思いました。

それぞれの演奏ぶり...

February 10, 2018

寒い、寒い、さむ~い!
みなさん、体調はどうですか?

2月に入ってから、インフルエンザの大流行で、レッスンもお休みが続出…

しかもなぜか女の子ばかり、男子は元気いっぱいのようです。

発表会を来月に控えた大切なラストスパートの月、

くれぐれも体調管理に注意して、しっかり練習してくださいね。

発表会は自分の1年の成長の記録、節目ですが、

もうひとつ、

おうちの方の応援があっての1年だったことを思い出しましょう。

お母さま、お父さまに自動車でレッスンの送り迎えをしてもらったり、

毎日の練習を手助けしてもらったり。

発表会に出られること、素敵なドレスを整えてい...

January 5, 2018

新年あけましておめでとうございます。

みなさん、楽しいお正月を過ごされましたか?

3が日は素晴らしい晴天が続いて、とても清々しい1年の始まりになりましたね。

さて、新しい年には一年の目標を立てるでしょう?

ピアノのおけいこにも、自分なりに目標を立ててみて下さい。

その中にひとつ「今年はクラシック音楽をたくさん聴く」を加えましょう。

去年はみなさんそれぞれ、新しいことをたくさん覚えました。

ソルフェージュで音やリズムを覚えて、いろいろな曲を弾いてみたり。

難しい曲に挑戦して、さまざまな素早い動きを弾きこなすために

リズム練習に集中したり。

こうして一歩ず...

December 3, 2017

今年も12月がやってきました。本当に1年の流れは早いですね。

このページでは、今までいろいろなことをお話ししてきました。

効果的な練習のしかた。ソルフェージュとは?音感とは?

ミスをなくしてスムーズに弾くためのコツ…

今月はソルフェージュや演奏練習のその先にあるもの、

ピアノレッスンで叶えたい夢について考えましょう。

みなさんがピアノに抱いている夢は何でしょう?

夢なんてない?そんなはずはありません。

恥ずかしがらずに、自分の心に聞いてごらんなさい。

知っている曲、大好きな曲をじょうずに弾きたい。

指を動かして鍵盤を押したら、音楽になるのが面白い!もっ...

November 30, 2017

テレビで人気を博しておられる脳科学者・澤口俊之先生の講演

「幼い頃からのピアノが脳を育てる」に行ってまいりました。

澤口先生といえばピアノと脳の関係についての研究で、とても有名ですね。

先生の講演のお話をご紹介しましょう。

現在学術研究上で実証されている限りにおいて、

あらゆるお稽古事—スポーツ、ダンス、演劇、英会話、ピアノ以外の楽器レッスンなどの中で、ピアノレッスンが最も脳の発達を促すことが明らかになっています。

5歳から9歳ごろまでに1日10分毎日ピアノ練習を継続すると、

2ヶ月で脳の発達が大きくアップすることがわかっています。

(生徒のみ...

September 23, 2017

「これってなんの音だっけ?」「ド!」

「そのとおり!じゃあこれは?」「レ!」

「そうだね!じゃあこれはなにかな?」「ミ!」

「わあ、すごいねえ!全部言えたね!じゃあもう一回、これは何だっけ?」

「…ド!…」

「じゃあもう一回、これは何だっけ?」とたずねた音は

ミのひとつ下のレです。

小さな子どもたちは、音を読むのも弾くのも下行が苦手。

ド、レ、ミ…と上っていくのはどんどん読めるし弾けるけど、

下っていくと、あらあら、さっき読めた音じゃないの、どうしたの?

となってしまいます。

こうなるとお母さまは途端にハラハラ。

「あ!間違えた!」「なぜできないの?」

「覚...

Please reload

特集記事

September 23, 2017

Please reload

最新記事

September 23, 2017

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

​瀬藤麻也乃ピアノ教室

​ピアノピアノテ

Tel: 0743-52-4368